小学部|公立中高一貫校受験コース|城北スクールα(アルファ)

小学部 コース・
指導ポイント

コースのご案内

小56

公立中高一貫校
受験コース

東京都・千葉県の公立中高一貫校ならお任せ下さい!

来たるべき大学入試まで見すえた学習指導で自ら考え、学び、努力できる生徒を育成します。

いま、公立中高一貫校が熱い!

class_room東京都では2005年に白鷗高等学校附属中学校が、千葉県では2008年に千葉県立千葉中学校・高等学校が設置されて以来、徐々に数を増やし続けている公立中高一貫校。公立の学校であるにも関わらず中・高6年間の一貫教育を行うことから、例年各学校の定員を大幅に上回る応募者が集まっています。公立中高一貫校では入学者選抜の際に「試験」という形ではなく「適性検査」が実施されます。そこでは自分の意見を述べたり、問題の解決を図ったりするような特殊な能力が求められ、多くの記述問題が出題されます。

公立中高一貫校に強い理由。

  • 公立中高一貫校受検対策の先駆け的存在です!

    私たち城北スクールグループの公立中高一貫校対策は他のどの塾よりも早く、「白鷗中学校対策講座」としてその対策に名乗りを挙げ、白鷗中受検初年度に17名の合格者を輩出した私たちは、開講初年度より培ってきた指導のノウハウ、積み重ねてきた各校の問題分析を今の「公立中高一貫校対策」の指導に生かし続けています。しっかりとした対策授業で合格まで責任を持って面倒を見る城北スクールグループが、公立中高一貫校対策授業において地元の方々から高い評価をいただいているのは、「都内でどこよりも早く対策授業を真剣に取り組んできた」という事実と自信の表れです。

  • 適性検査の受検対策が、後の難関都立高校受験の合格力に直結します!

    data_1

適性検査と国私立中学受験の入試問題はまるっきり違うのか?

class_room公立中高一貫校の適性検査ではよく「国・私立中学の入試問題と大きく異なる」と言われます。確かに国・私立中学の入試問題は予め用意された模範解答があり、それにどう近づけていくかということを競うという面もあります。しかし、近年国・私立中の中学受験も変化してきました。解き方を自分のことばで説明し、長い問題文からしっかりと分析・考察をして解答するという問題も増えてきています。また、公立中高一貫校の適性検査にもいままであまり出題されてこなかった社会の歴史の問題(H28 都立)や予習シリーズで類題が出題されていた理科の重心に関する問題(H27 県立千葉)が出題されるなど、国・私立中の問題に近くなってきました。つまり、適性検査と国私立中学受験の入試問題は近年互いに似つつあるのです。

公立中高一貫コースの特徴

  • 城北スクールαでは、適性検査も国・私立中受験も求められている根底の能力は同じと考えます。また、高倍率の適性検査入試をくぐりぬけるためには、いわゆる中学受験の勉強が必要不可欠であると考えます。その上で、適性検査の学習を積み重ねていくことが、最も合格する方法であると確信しています。

  • clip

    他塾にはまねできない、少人数制の本格的な公立中高一貫コース

    公立中高一貫コースでは小学5年生は週1日、小学6年生は週2日の授業日数を確保し、全塾生の学力向上を図ります。また、専用のテキストを使用し、小学5年生では適性検査に慣れることを目標に、小学6年生では全国の過去問を中心に実戦演習を重ね、合格率を高めることを目標にしています。クラスは少人数制を徹底し、専門のスタッフによる指導を行います。

  • clip

    教科的な学力のみならず、本物の実力をつけさせます。

    高倍率を突破できるために、また入学後のことも考え、教科的な知識だけではなく「資料を読み取る能力」、「読み取ったことをもとに問題点を発見する能力」、「論理的に、かつ粘り強く文章を書く能力」などを養います。もちろん出題傾向に合わせた指導も万全に行います。

  • clip

    家庭学習の管理をし、添削指導を徹底いたします。

    少人数制のクラスを生かして、徹底的な添削指導を行っています。適性検査の問題はほとんどが記述問題です。しっかりと各教科の専門スタッフが一人ひとりに添削指導を行い、「論理的に、かつ粘り強く文章を書く能力」を養っていきます。

  • 城北スクールαの「きみの夢実現プログラム」!

    data_1

パンフレット・資料請求 のお申込みなどはこちらから

無料体験学習受付中! 詳しくは各教室までお問合せ下さい

ご質問・お問合せなどは、お電話でお気軽にご連絡下さい

03-5809-8133

城北スクールα本部 
14:00〜22:00
(日曜日は除く)

電話する

goto top